top of page
仙台,Sen5e,仙台駅前,ネイル,カルジェル,シェラック,深爪矯正,ネイルケア,ブライダル,センス
仙台,Sen5e,仙台駅前,ネイル,カルジェル,シェラック,深爪矯正,ネイルケア,ブライダル,センス

月間アーカイブ

深爪でお悩みのあなたへ、まずは試してほしい3つのこと




これまで深爪でお悩みの方とのカウンセリングを通じて様々なタイプの深爪や、お肌のコンディションを目の当たりにしてきました。

サロンで行う「ネイルケア」は、理想の爪を目指す上で欠かせないお手入れのひとつではありますが、それ以上に大切なことは、深爪で悩むご自身が日常生活をおくる際に指先にどれだけ意識を向けられるかということ。

ほんの少しの意識の変化だけで爪は良い方向へと姿を変えてくれるので、深爪で悩みの方だけでなく、地爪育成に興味をお持ちの方は、サロンへ連絡をするその前に、まずは簡単な自宅ケアから始めてみませんか?以下の3つのステップで、指先の健康を整え、美しい爪を育てる手助けをしてみましょう。





1. ゴム手袋の徹底使用

良い爪を育てるには良い爪が育ちやすい環境作りが大切です。

食器を洗う際など、洗剤を素手で扱うことのないようにゴム手袋を使う癖をつけましょう。

ゴム手袋の徹底使用は、指先の状態を良くし、美しい爪の成長を促す一番の近道です。洗剤などの刺激から手を守り、爪を健康的に導くため、ぜひゴム手袋を積極的に活用してみてください。






2. 指先の保湿を忘れずに

カウンセリングを通して思うことは、ご自身の指先(爪や爪周り)が「乾燥している」ということに気づいていない方が多いということ。「爪の根本の皮膚が白っぽい」、「ささくれがある」、「爪周りの皮膚がカチカチと硬くなっている」などの場合は乾燥しているサインです。乾燥した環境だと、生まれてくる爪も同様に乾燥した状態になりがちです。こまめなクリームやオイルでの保湿は、爪の環境を整え、美しい爪の成長に寄与します。


職業柄頻回な消毒を行う方、薬剤に触れるという方は、通常のハンドクリームではなく、皮膚保護剤(バリアクリーム)がおすすめです。お仕事前に塗ることで皮膚に保護膜ができ、4時間程度持続します。朝昼夕と塗るタイミングを決めておくと習慣化しやすいのでおすすめです。





3. 爪を道具として扱わない

爪は日々の摩擦で少しづつ薄くなっていくため、いかに良い状態をキープしながら伸ばせるかが爪の育成の鍵になるのです。

シールを剥がす、食べ物の皮を爪で剥く、こびり付いた汚れを爪でカリカリ剥がすなど、爪は時として非常に優れた道具になりますが、「爪を育てる」という目標を立てたその瞬間から爪は道具ではなくなります。爪の代わりに他の道具を使ったり、慎重に扱うことで、健康的な爪の成長を促進できます。指先のケアは優しさと注意が必要です。爪を大切にし、他の方法で代用することで、より良い結果が期待できます。




いかがでしたか?どれもほんの些細な指先への気遣いです。これらのステップをぜひ試してみてください。ご自宅で気軽にできるケアが、美しい指先への第一歩となることでしょう。お肌と同様に、指先も積極的なケアが必要です。深爪解消と地爪育成への道は、あなたの手元から始まります。



閲覧数:145回0件のコメント

Comments


bottom of page